マニュアル

インストールについて > 他社サービスからの移転 > WordPressの移転について

WordPressの移転について

既に運用中のWordPressを、Sixcoreへ移転します。そのために移転元で必要なデータをご準備の上、
移転作業を進めていく必要があります。詳細は下記をご参照ください。

1.移転元でバックアップが必要なデータの準備
2.Sixcoreへの移転作業
  1. ドメインの追加設定(独自ドメインで運用する場合)
  2. データベースの作成
  3. wp-configファイルの書き換え
  4. データベースのインポート
  5. サイトデータのアップロード
  6. ネームサーバーの変更、およびサイトの動作確認

1.移転元でバックアップが必要なデータの準備

WordPressサイトファイルのバックアップ
移転元サーバーから、対象のWordPressに必要なファイル一式のバックアップを取得してください。
ファイル一式のバックアップを取得には、一般的に「FFFTP」や「Filezilla」などの『FTPソフト』を用いる方法や、 移転元サーバーで提供されている『ファイルマネージャー』を用いる方法があります。
詳しい手順は、「WordPress用ファイル一式のバックアップを取りたい」旨を移転元サービスにお問い合わせください。
データベースのバックアップ
移転元サーバーで、データベースのバックアップを取得してください。
データベースのバックアップを取得するには、一般的に『phpMyAdmin』の「エクスポート」機能を用いる方法があります。
詳しい手順は、「データベースをエクスポートしたい」旨を移転元サービスにお問い合わせください。
【補足】phpMyAdminでデータベースをエクスポートする際のご注意
移転元のphpMyAdminでデータベースをエクスポートする際、以下3項目にチェックをされていない場合はエラーが発生する可能性があります。
以下の3項目をチェックして作業を進めて下さい。
  • 【データ】
  • 完全な INSERT 文を作成する
  • 長い INSERT 文を作成する

2.Sixcoreへの移転作業

1. ドメインの追加設定(独自ドメインで運用する場合)

Sixcoreで独自ドメインを利用するために、ドメインを追加設定する必要があります。
まず、サーバー管理ツールの「ドメイン設定」より 「ドメインの追加設定」を行ってください。

ドメイン設定追加完了時に表示される初期FTPアカウント情報は、ファイルアップロード時に利用するため、
メモなどに控えてください。

メニューよりドメイン設定を選択
2. データベースの作成

移転元より取得したデータベースをシックスコアへインポートするため、新たなデータベースを作成します。

  1. 続いて、「MySQL設定>MySQLユーザ設定」より作成したデータベースにアクセスするためのユーザーを作成してください。 サーバー管理ツールのデータベース「MySQL設定>MySQL追加」より利用するMySQLデータベースを作成してください。
    作成したMySQLデータベース名は後に必要な情報のため、メモなどに控えてください。
    入力項目
    データベース名(サーバーID_)任意の文字列
    例)xsample_wp
    文字コードUTF-8
    データベース名の入力
  2. 続いて、「MySQL設定>MySQLユーザ設定」より作成したデータベースにアクセスするためのユーザーを作成してください。
    入力項目
    データベースユーザー名(サーバーID_)任意の文字列
    例)xsample_user
    データベースパスワード任意のパスワード
    データベースユーザーとパスワードを入力
  3. 「MySQL設定>MySQL一覧」より作成したデータベースにアクセス権を追加します。
    追加可能ユーザーから(2)で追加したMySQLユーザーを選択し、[追加]ボタンをクリックしてください。
    追加可能ユーザーを選択 追加可能ユーザーを確認
  4. 「MySQL設定>MySQL情報」の一覧に表示されている「MySQLホスト名」をメモなどに控えてください。
    mySQLホストの確認
3. wp-configファイルの書き換え

移転元サーバーでバックアップした、WordPressのサイトデータ内にある【wp-config.php】ファイルに
【2. データベースの作成】で作成したデータベースの情報を反映します。

  • データベース名
  • データベースユーザー名
  • パスワード
  • MySQLホスト名

【wp-config.php】ファイルをテキストエディタ(Tera Pad等)で開き、編集例をご参照の上、
該当する情報を書き換えてください。

【wp-config.php】ファイルの編集例
例を参照の上、青色太字の箇所を編集して下さい。
仮に「example」というサーバー(サーバーID)にて「example_wp」というデータベースを作成し、
example_user」というユーザーへ権限を与えた場合、下記のような状態になります。

例を参照の上、青色太字の箇所を編集して下さい。
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'example_wp');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'example_user');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '***********');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql○○.sixcore.ne.jp');
4. データベースのインポート

移転元よりバックアップしたデータベースのインポートを行います。

  1. サーバー管理ツールの「phpmyadmin」をクリックし、phpmyadminへログインします。
    phpmyadminにログイン
    ログインに必要な情報
    ユーザー名データベースユーザー名
    パスワードデータベースユーザー名のパスワード
  2. ログイン後画面左から【2. データベースの作成】の手順で作成したMySQLデータベース名を選択してください。
    MySQLデータベースを選択
  3. 続けて、画面右側のタブより「インポート」へ進んでください。
    インポートを選択
  4. インポート画面が表示されますので、「インポートするファイル」内より「アップロードファイル」の「ファイルを選択」をクリックし、 移転元のサーバーよりエクスポートしたsqlファイルを指定して、「実行」ボタンをクリックすればデータベースのインポートが行われます。
    インポートを選択
5. サイトデータのアップロード

移転元サーバーでバックアップをしたWordPressのサイトデータを、 FTPソフトなどを用いて、
シックスコアのご希望のドメインフォルダにアップロードをします。

独自ドメインに対してアップロードを行う場合、サーバー管理ツール「ドメイン設定」で追加が完了した際に表示された FTPアカウントを利用し、FTP接続を行ってください。

FTPソフト設定およびアップロード方法についてはマニュアルを ご覧ください。

6. ネームサーバーの変更、およびサイトの動作確認
  1. 下記シックスコアのネームサーバーへ変更してください。
    当サービスで管理しているドメインのネームサーバーの変更はメンバー管理ツールのドメイン欄「アカウント」内の [ドメイン管理ツール]より変更可能です。

    ネームサーバー切り替え前に動作を確認したい場合はこちら

    ネームサーバー
    ネームサーバー1ns1.sixcore.ne.jp(219.94.200.232)
    ネームサーバー2ns2.sixcore.ne.jp(219.94.203.241)
    ネームサーバー3ns3.sixcore.ne.jp(210.188.201.248)

    ※他社管理ドメインの場合、変更方法に関してはドメイン管理事業者へ確認してください。

    ※ネームサーバー変更後、一定時間(最大24時間程)を経て、徐々にサーバーが移転されます。

  2. ファイルアップロード後、WordPressサイトへとアクセスし、問題なく表示・動作しているようであれば、
    移転作業は完了です。
ネームサーバー切り替え前に動作を確認したい場合

お使いのパソコンの「hosts」ファイルを編集することで、ネームサーバーの切り替え前に動作確認ができるようになります。
詳細は、マニュアル「動作確認について > hostsファイルを編集して確認する方法」をご参照ください。