マニュアル

メールについて > メールソフトの設定 > Outlook 2016

Microsoft Outlook 2016 アカウントの設定方法

1.起動時の操作
■「Microsoft Outlook 2016 スタートアップ」が表示される場合
※表示されていない場合は、「Microsoft Outlook 2016 スタートアップ」が表示されない場合の手順から進めてください。
最初の画面で「次へ(N)」をクリックします。 Outlook 2016スタートアップ画面 「Microsoft Outlook アカウントの設定」画面で「はい(Y)」を選択し、「次へ(N)」をクリックします。 「電子メールアカウント」画面 「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」を選択し、「次へ(N)」をクリックします。 アカウントの手動設定 「POP または IMAP(P)」を選択し「次へ(N)」をクリックします。 サービスの選択画面
■「Microsoft Outlook 2016 スタートアップ」が表示されない場合
「ファイル」タブをクリックします。 ファイルタブをクリック 「情報」をクリックし、「アカウントの追加」をクリックします。 アカウントの追加 「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」を選択し、「次へ(N)」をクリックします。 アカウントの手動設定 「POP または IMAP(P)」を選択し「次へ(N)」をクリックします。 サービスの選択画面
2.情報の入力

下記を参考に情報を入力してください。

情報を入力
ユーザー情報
名前(Y) お客様の名前(受信者に表示される名前になります)
電子メールアドレス(E) メールアドレス(@前後を含むメールアドレス)
サーバー情報
アカウントの種類(A) POP3 もしくは IMAP(※任意)
受信メールサーバー (I) 「サーバー管理ツール」内「メールアカウント設定」の「メールソフト設定」に記載されている「メールサーバー名」を入力してください。
例)sv***.sixcore.ne.jp
送信メールサーバー(SMTP)(O)
メール サーバーへのログオン情報
アカウント名(U) 電子メールアドレス(E)に入力したものと同じメールアドレス
パスワード(P) メールアカウント作成時に設定したパスワード
パスワードを保存する(R) チェックします(※任意)
メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください(Q) チェック【なし】
3.詳細設定

2.の情報の入力が完了したら、「詳細設定」をクリックしてください。

「詳細設定」をクリック

「インターネット電子メール設定」画面の「送信サーバー」タブに進みます。  「送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」にチェックを入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」をクリックします。

「インターネット電子メール設定」画面の「送信サーバー」タブ

「インターネット電子メール設定」画面の「詳細設定」タブに進みます。

「インターネット電子メール設定」画面の「詳細設定」タブ

下記を参考に情報を入力後、「OK」のボタンを押して「インターネット電子メール設定」画面へ戻ります。

サーバーのポート番号
受信サーバー(POP3)(I) 995 ※IMAPの場合は993
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E) チェックを【入れる】
送信サーバー(SMTP)(O) 465
使用する暗号化接続の種類 (C) 【SSL】を選択

※お客様の環境によっては使用する暗号化接続の種類を【SSL】ではなく【TLS】とする必要があります。

4.アカウント設定のテスト

「インターネット電子メール設定」画面で「[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S)」にチェックを入れ、「次へ(N)」をクリックします。すると、アカウント設定のテストが開始されます。

自動テストの設定
5.設定完了

各タスクの状況に「完了」と表示されたら「閉じる(C)」をクリックします。

「接続」をクリックしているスクリーンショット

以下のような画面が表示されたら、設定完了です。

設定完了画面

※本画面は初回起動時(スタートアップ)のみ表示されます。