マニュアル

FTPについて > FTPアクセス制限

FTPアクセス制限について

FTPでの接続が可能なIPアドレスを設定し、FTPからのアクセスを制限します。
これにより、不正アクセスやファイル改ざんのリスクを低減できます。
許可設定にIPアドレスを設定した場合、設定されたIPアドレスからのアクセスのみを許容し、 それ以外からのアクセスはパスワードが一致した場合でも接続を拒否します。

設定手順

  1. 「FTPアクセス制限設定」をクリック

    サーバー管理ツールへログインし、「FTP > FTPアクセス制限設定」をクリックしてください。

    img:スクリーンショット画像
  2. FTP接続許可IPアドレスの追加

    「FTPアクセス許可IP追加」をクリックします。

    img:スクリーンショット画像

    IPアドレス、許可方法を入力し、「確認画面」→「確定する」をクリックします。
    ※お客様のご利用のプロバイダによってはIPアドレスが変動する場合があります。

    img:スクリーンショット画像
    ■「許可方法」について
    ≪完全一致≫

    接続を許可するIPアドレスを完全に一致させたい場合にご選択ください。
    例えば、「192.0.2.1」を許可する設定の場合、「192.0.2.1」を全て入力し、設定を行ってください。
    この設定で「192.0.2.1」だけがFTP接続可能となり、「192.0.2.2」などの他のIPアドレスからの接続はできません。

    ≪前方一致≫

    社内や通信事業者などに割り当てられているIPアドレス全体からの接続を許可する場合など、「IPアドレス」を範囲で設定したい場合は、IPアドレスの先頭箇所を入力してください。

    (例)「192.0.2.1」〜「192.0.2.254」を許可する場合
    →「192.0.2.」までを入力し設定をしてください。
    ※IPアドレスを範囲指定する場合、末尾は「.」で終わる必要があります。

    ≪正規表現≫

    こちらは上級者様向けの高度な設定方法です。

    例)

    • 「192.168.101.15」
    • 「192.168.101.16」
    • 「192.168.101.17」

    上記3つのIPアドレスのみを許可したい場合、以下のような記載により設定が可能となります。

    • 設定例1:「^192\.168\.101\.(15|16|17)$」
    • 設定例2:「^192\.168\.101\.1[5-7])$」
    • 設定可能な文字列:半角数字及び「\^$[](){}|.,+*」

    ※上記IPアドレスをすべて「完全一致」で登録することでも、同様の設定が可能です。

国外からの接続を拒否する場合

国外からのFTP接続を拒否する場合、「国外からの接続制限」の[設定変更]ボタンより「有効」にしてください。

img:スクリーンショット画像
≪ご注意ください≫
「国外からの接続制限」を有効にすると日本国内のIPアドレスからの接続は全て許可する設定となります。
1つでも接続許可IPアドレスを追加する場合は「国外からの接続制限」は無効にしてください。
ファイルマネージャーを利用される場合

FTP制限設定をした状態でファイルマネージャーを利用するには、「IPアドレス」に「127.0.0.1」と記載した設定を加えてください。

※上記設定を行わなければファイルマネージャーから確認ができませんので、ご注意ください。