マニュアル

他社からの乗り換えについて > サーバーを移転したい

「サーバーを移転したい」全体の流れ

サーバーの移転中は、前のレンタルサーバー会社と2重でご契約して頂くと、切り替えによるホームページサービスの中断が発生しません。
「サーバーを移転したい」全体の流れ
1.サーバーのお申し込みシックスコアでサーバーのお申し込みをします。
2.ドメインの設定他社で管理しているドメインをシックスコアに設定します。
3.サイトデータのアップロードシックスコアにサイトデータをアップロードします。
4.ネームサーバーを切り替える前のデータ確認アップロードしたサイトデータを確認します。
5.メールアカウントの設定シックスコアでメールアカウントを設定します。
6.ネームサーバーの変更他社で管理しているドメインのネームサーバーをシックスコアに設定します。

「サーバーを移転したい」詳細手順

  1. サーバーのお申し込み

    お申し込みの流れ→サーバーアカウントのお申し込みをご参照頂き、サーバーアカウントのお申し込みを行ってください。

  2. ドメインの設定

    サーバーの設定完了メールがお手元に届きましたら、記載されてあるサーバーIDとパスワードでサーバー管理ツールにログインを行ってください。

    サーバー管理ツールにログイン後、「ドメイン設定」を選択し、サーバーにドメインを追加します。

    他社サーバーにて既にドメインの運用を行っている場合
    メール認証またはWeb認証にてドメインを認証後、設定を行ってください。
    他社にてドメインの取得のみを行っている場合
    whois認証にてドメインを認証後、設定を行ってください。

    ※詳細な設定方法に関しましては、マニュアル→ドメインの設定をご参照ください。

  3. サイトデータのアップロード

    ドメインの追加設定後、ドメイン名フォルダと初期フォルダがサーバー上に作成されます。

    DNS変更前にドメイン名フォルダへとFTPにてアクセスを行って頂くには、下記のようにFTPソフトをご設定頂き、接続を行ってください。

    FTPソフト設定
    FTPサーバー名(ホスト名)設定完了メールに記載されている「FTPホスト名」を入力してください。
    例) xsample.sixcore.jp
    ユーザー名(アカウント名)「2」の 手順で追加したドメイン名を入力してください。
    例) sixcore.com
    FTPパスワードドメイン追加設定の際に設定した「パスワード」を入力してください。
    例) abcdefg
    ホスト初期フォルダ何も入力しないでください。

    この追加FTPアカウントにて接続を行って頂きますと、「ドメイン名フォルダ/public_htmlフォルダ」へのアクセスが可能となりますので、サイトデータを転送してください。

  4. ネームサーバーを切り替える前のデータ確認

    ネームサーバーを変更する前に、ホームページの表示やプログラムの動作を確認する場合は、サーバー管理ツールの「動作確認URL」から動作確認のためのアドレスを発行することで、確認することができます。

    上記にて発行されたアドレスで表示された内容が、ネームサーバー変更後に 実際のドメインで表示されることとなります。

  5. メールアカウントの設定

    移管元のサーバーにてメールアカウントの設定を行われている場合、マニュアル:メールアカウント設定をご参照の上、同名のメールアカウントを追加設定してください。

    また、メールソフト上でも、同名のメールアカウントを設定してください。マニュアル:メールソフトの設定

    ※既存のメールアカウント設定は上書きせず、ネームサーバーが浸透するまでは、どちらの設定でも受信するようにしてください。

  6. ネームサーバーの変更

    現在のドメイン管理業者様に、ドメインのネームサーバ(どのサーバを使用するか決めるためのアドレス)を、下記のものへ変更して頂くようご依頼ください。

    sixcoreのネームサーバー
    ns1.sixcore.ne.jp (219.94.200.232)
    ns2.sixcore.ne.jp (219.94.203.241)
    ns3.sixcore.ne.jp (210.188.201.248)

    変更後、一定時間(※1)を経て、徐々に(※2)サーバが移転されます。

    ※1 どの程度の時間が必要かは利用中のサーバー会社様にお問い合わせください。
    ※2 ネームサーバーは、変更しても即座に反映はされず、一定の時間をかけて世界中のネットワークで順次変更が浸透していく仕組みとなっています。これにより、変更の浸透中は、同じドメインにアクセスした場合でも、

    • Aプロバイダーからは、当サーバーに接続される(Aプロバイダーにはネームサーバーの変更が浸透している)
    • Bプロバイダーからは、以前のサーバーに接続される(Bプロバイダーにはネームサーバーの変更が浸透していない)

    という状況が発生します。浸透するまでしばらくお待ちください。

    ネームサーバー切り替え中は、メールやホームページなどが、新旧どちらのサーバーに繋がるかを予測できません。