マニュアル

メールについて > メールソフトの設定 > WindowsLiveメール アカウントの設定方法

WindowsLiveメール アカウントの設定方法

当サービスは、メール送信時の認証方式については、SMTP認証(SMTP-AUTH)を推奨しております。
既に設定されたアカウントのSMTP認証設定方法については、こちらの手順をご参照ください。
SMTP認証設定方法
1.メニューの「アカウント」タブをクリックして、「電子メール」をクリック
WindowsLiveメールで「アカウント」タブ「電子メール」を選択
2.メールアドレス、パスワード、表示名を入力

設定ご希望のメールアドレス、メールアドレス作成時に設定したパスワードを入力してください。
「手動でサーバー設定を構成する(C)」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックします。

電子メールアカウント画面
3.受信メール・送信メールサーバー名を入力

受信メール・送信メールサーバーを入力してください。
詳しくはメールソフトの設定をご覧ください。

受信・送信メールサーバーを記入
受信サーバー情報
受信メールサーバーの種類POP もしくは IMAP ※任意
サーバーのアドレス「サーバー管理ツール」内「メールアカウント設定」の「メールソフト設定」に記載されている「受信メールサーバー名」を入力してください。
例)xsample.sixcore-server.jp
ポート110 ※IMAPの場合は143
次を使用して認証するクリア テキスト
ログオンユーザー名電子メールアドレス に入力したものと同じメールアドレス
送信サーバー情報
サーバーのアドレス 「サーバー管理ツール」内「メールアカウント設定」の「メールソフト設定」に記載されている「送信メールサーバー名」を入力してください。
例)xsample.sixcore-server.jp
ポート587
認証が必要(A)チェックを入れてください。
<ご注意ください>
  • overSSLを利用する場合は「セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)」にチェックを入れ、受信メールサーバー、送信メールサーバー、ポート番号をメールソフトの設定を参考に入力してください。

必要事項を入力したら、「次へ」をクリックします。

4.設定完了

以下のような画面が表示されたら、設定完了です。

WindowsLiveメール・アカウント追加設定完了

SMTP認証設定方法

1.「ホーム」より、メールアカウントを右クリックし、「プロパティ(R)」を選択
SMTP認証設定方法1
2.「サーバー」タブをクリックします。

「サーバー」タブにある「送信メールサーバー」の「このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れ、「設定」をクリックします。

SMTP認証設定方法2
3.「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」にチェックを入れ、「OK」をクリック
SMTP認証設定方法3

(2)の画面に戻りましたら、「OK」をクリックします。